いつも心に

学生の頃の彼が忘れられず30年
これからどうしたいのか
自分でもわからない
気持ちを書き留めたくなりました

新たなお友達と出会って

以前の私のブログは、婚外片思い。

婚外恋愛されている人を羨ましいと思いながら

私が気にしていたのは婚外片思いの人のブログ。昔の気持ちが再燃してしまった様な

もしかしたら別の人生があった様な

今も愛読させてもらっていて、

彼さんと久々会えたと聞けば、良かったねと素直に嬉しい。

タイミングがなかなか合わず、会えないと聞けば、今まで繋がっていたんだからいつか会えるはずと思っている。

彼に関しては何故かマイナス思考な私を、勇気づけ励ましてくたさったお友達。

会った事は無いお友達 勝手に応援している。

婚外なんて、大きな声では言えないけれど気持ちに蓋は出来ない。

その気持ちが分かるから


そして、新しいブログを書き始め

新たなお友達と出会った。

大切な家族を亡くされた方。

悲しさはそのままだけど、でも少しずつ前向きに

色々な葛藤はあるけれど、でも少しずつ

読んでいると、胸が締め付けられる。いつもずっと一緒に居た人が急に居なくなるという事。


彼の奥さんの事を考える。

私と彼は、再会後 お友達としての付き合いだったので

私にとって奥さんは絶対敵う事が出来ない人。羨ましく思っていた人。

彼から奥さんの悪口を聞いたこともなく、円満な家庭だったんだろうなぁと

朝、行ってきますと言って出かけ

1時間後に倒れたと連絡されたら

心室細動 きっと最期会うことできなかったんではないだろうか。

対面した時

その後嵐の様に、色々と

多分今度の土日、どちらか、四十九日の法要だろう。

今どんな気持ちなんだろう。

これから先も大変だろう。

経済的な事もあるだろうし、同居されてるお義父さんお義母さんの事もあるだろう。

高校生の次男君

考える事も山積みだろう。

ちゃんと泣けているだろうか。


彼の事を毎日毎日考える。何かをしてても 誰かと話していても 笑っていても

それは、きっと私がこの世から去る時まで

彼の事考え、想い30年

最後の1年は、会うことができた。

会えて良かったのか、連絡しなければ良かったのか

毎日考える。

あの言葉はどういう意味だったのかな?気持ちあったのかな?

毎日考える。

ブログの存在があって良かった。

思っている事を、吐き出させてもらっている。また、少し気持ちが軽くなった。ありがとうございます。